薄毛の種類とそれぞれの解消法とは

薄毛の種類は大きく分けると5種類に分類されます。
まず、男性型脱毛症は、男性ホルモン変化して薄毛になるホルモンを分泌することで起こります。特徴として、前頭部やおでこの生え際から薄くなっていきます。女性でもなる場合があります。解消するには、皮膚科などによる治療が必要となります。
次に、女性の薄毛で、びまん性脱毛症は、女性が年齢を重ねることで女性ホルモンが低下してしまい、男性ホルモンが優位になり男性ホルモンの影響で薄毛になります。解消にはストレスをなるべくなくし、バランスの摂れた食生活をして、生活習慣を改善し、女性ホルモンが優位になるようにすることが大切です。
脂漏性脱毛症は、頭皮の脂汚れが原因となっているため、頭を清潔にすることが大切です。
粃糠性脱毛症は、逆に洗いすぎなどによって必要な皮脂を失ってしまい薄毛の原因となっているものなので、皮脂を失わないように、普段使っているシャンプーを食物由来成分やアミノ酸系にしたりして、洗いすぎないようにすることが大切です。
最後に、ヘアカラーやパーマ、髪を縛ったり抜いたりする外的要因によって薄毛となる場合です。ヘアカラーやパーマなどは頭皮を傷めてしまうため、パーマやヘアカラーの回数を減らすなどすることで解消される可能性があります。また、髪をきつく縛るのは、たまにするくらいなら良いですが、続けていると薄毛の原因となってしまうため、頭皮を緊張させるようなことは最小限に抑えることが大切です。
それぞれ、薄毛の種類によって解消法は異なるため、自分がどれに当てはまるか考えて、それぞれ解消することが大切です。なかなか治らないという場合には医療機関で診断を受けることが必要となります。