医療用育毛剤のロゲインで薄毛を改善

ロゲインはミノキシジル配合の医療用育毛剤としては最も古い歴史があり、アメリカのFDAで初めて認可されたAGA治療薬です。ミノキシジルが高血圧症の治療薬として開発された経緯があるのは有名ですが、その後に薄毛の治療薬として初めて使用されたのがロゲインとなります。5%のミノキシジルを配合して販売されましたが、最初は医療に向かないとされ認可されていませんでしたが、後にミノキシジル2%配合のロゲインが認可され、その後に5%配合した商品も認可されています。すでに30年以上もの販売実績を持ち、日本では登録商標の問題からリアップと名を変えて厚生労働省から認可されています。名称を変更しただけで同じものと考えがちですが、添加物が異なり日本人に合わせた医療用育毛剤に変わっているので、全く別のものと考えても良いようです。薄毛への改善効果は既に世界各国で何度も臨床試験が行われており、薄毛に悩む男性が1日2回の塗布で何かしらの効果を実感できたというのが8割以上にものぼり、発毛には十分な効果が期待できるとされています。日本では既にリアップが販売されているため、ロゲインそのものは販売されていませんが、個人輸入を使うことで購入することができます。また、一部のAGA専門のクリニックでも輸入したロゲインを扱っている所も多く、そこから購入することも可能となっています。ミノキシジルというと内服薬で使用するのが当たり前のように言われていますが、飲み薬で使用すると身体に何かしらの副作用を起こす可能性があり、日本でも飲み薬としては認可していないので、育毛剤として頭皮に塗るだけのほうが安全性は高いとされます。臨床試験でも発毛の効果があることが認められているので、市販品で物足りなく感じたらロゲインで発毛を試してみるのも良いでしょう。